読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重厚長大からライトノベルへ

主にライトノベルの感想とそれに関連するネタを書きます。

感想「異世界食堂 1」(犬塚惇平/ヒーロー文庫)☆☆☆

ちまたで話題の異世界×料理もの! の異世界食堂を読了。

商店街の一角にある「洋食ねこや」。
毎週土曜日の店休日、「ねこや」の店の入口は異世界とつながる。
生まれも、育ちも、種族すらも違う客たちは不思議で美味しい料理を求めて集う。
オフィス街の人なら見慣れた、食べ慣れた料理なのだが、異世界珍しい料理だ。
特別な絶品料理を出す、「ねこや」は、「ある世界」の人たちからこう呼ばれている。
―――――「異世界食堂」。
(背表紙のあらすじ参考)

この物語は主に異世界住民の視点で描かれる。出て来る料理は高級料理店や複雑な料理ではなく、一般の洋食屋で出て来るような料理ばかりだ。一部和食もでてくるが、これも日本の一般人が食べることのできるようなものばかりだ。
異世界の住人はさまざまで、
人間の冒険者から、片田舎の町の子供、尻尾のはえたリザードマンや人の手のひらサイズの小人まで! どんな人(?)も料理を食べれば関係なしに幸せそうにしてくれる。
一話(一章)につき一つの料理がクローズアップされるが、作者の文章でどれもとても美味しそうに聞こえてくる。
読むとすぐにファミレスやデパートの飲食店にでも出かけたくなる。空腹時に読むのは厳禁。

美味しい料理が食べることが好きな人、美味しい料理を食べて幸せになる気持ちを共有したい人におすすめだ。