読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重厚長大からライトノベルへ

主にライトノベルの感想とそれに関連するネタを書きます。

「中古本は他人が触っていて嫌だから新品を買う」←ちょっと待って、本当に新品の本の方が中古本より綺麗ですか?

皆さんは中古本を買うことをどう思いますか?

「安く買えるからいいじゃん」「作家さんへのお布施として新品を買う」「本屋で見つからない古い作品なら中古かな」など、いろんな意見を友人から聞いたり、ネットで見たらします。が、その中に

 

「中古本は他人が触っていて嫌だから新品を買う」

 

という意見を聞きます。

 

ですが、それは本当に新品でしょうか?

 

まず、多くの本は返品制のもと流通しています。

これは、本屋は出版社から取次を通して本を卸しますが、売れなかった場合に返品することができるという制度です。普通の食品や日常雑貨ではメーカーから仕入れた商品は店が買い取りますので売れなければ店の損になります。しかし、本においては店は陳列を頼まれているだけのような形となっているのです。

 

では、その返品された本はどこに行くのでしょうか?

裁断されて再生紙の資源となることもあります。しかし他の需要のある店へと回すこともあるのです。

 

そう、本屋に並んでいる商品はすべてが印刷されてすぐきているのではないのです。

一部は他の店に渡り返品されたのがあるのです。

 

つまり、他人の手を避けて中古本ではなく新品を買おうにも、それは他人の手に触れている可能性があります。

 

ただし、返品されている本が一目でわかる方法があります。それは小口研磨の有無です。

小口研磨とは、本が削られている状態のことです。

 f:id:racmsora3399:20161211035238j:image

上の写真がその状態の本となります。

 

特徴としては、本の小口部分(ページをめくる部分)の手触りが違います。光の影ができるようかざしてみると、削った後がわかります。場合によっては、ページを開くときにページ同士がひっかかる、カバーが本に対して余っている、などがあります。

 

このような本は上の返品が関係してきます。返品された本の中で別の本屋に回すことがあると書きましたが、陳列している間に汚れた、運搬時に汚れた、陽が当たって変色した、などした小口を削ります。そして場合によっては表紙を新しいのにかけ直して再び流通させるのです。

 

このような本はもはや、中古本より綺麗とは言い切れません。

 

ここまで読んだ人で、「漫画とかラノベはビニールがかかってるから嫌いじゃないの?」と思った人もいるかもしれません。

しかし、漫画やラノベの中には本屋でビニール(シュリンク)をかけるものもあります。そのような物は流通過程で汚れてしまうものや、前の書店ではかけられていなかった可能性もあります。だから油断は禁物です。

 

そして、特に書店にないマイナー本だからネットで買いたいという場合に注意することなのですが、ネット通販で新品を買う場合は研磨された本が送られる可能性が高いです。

 

 

ここまで書きましたが、もちろん中古本の中にも汚れのひどい本があったり、新品でも出たばかりの新刊などは綺麗です(返品して回されるのにも時間がかかりますから)。

ですが、中古本だからといって持ち主が丁寧に扱っていて新品より綺麗ということもありますので、一括して拒否せずに柔軟に考えて欲しいです。