読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重厚長大からライトノベルへ

主にライトノベルの感想とそれに関連するネタを書きます。

感想「小説の神様」(相沢沙呼/講談社タイガ文庫)☆☆☆☆

小説の神様 (講談社タイガ)

小説の神様 (講談社タイガ)

主人公は学生で小説家デビューするも、発表する作品は酷評で売上も伸びないばかり。そんなとき同じクラスに転校してきた美少女で人気作家である小余緩詩凪と二人で小説を書くことに。


この本の主人公は売れない作家感がバリバリ詰まってきてそれが嫌なほど伝わってきます。本当に、主人公が好きになれない! 特に同じ文芸部の後輩で作家志望の女の子に対しての言動が。後輩にアドバイスするシーンで

「プロになって小説を書くっていうのは、商売をするってことだ。需要と供給を理解し、お客さんたちへ彼らの好みに適う商品を提供し続けなくちゃならない」

「タイトルには最弱とあるが、ライトノベルにおいて、実際に最弱である主人公なんてほとんどいない。(中略)自分に自身がなかったりする卑屈な部分はやめて、無双して敵を蹴散らすか、読者が憧れてしまうような、カッコイイ男の設定に――」

とまあ、こんなノリである。だけれども、流石売れない作家である主人公が言うのだから(作者にそういう体験があるのだろうか?)説得力があって、本当にいらつくけれど、続きが読みたくなる小説だった。
メタ的な部分ばかり書いたけれど、中身はちゃんとストーリーがあってそこも(そこが)面白かった。

ちなみに相沢先生自身は小説の神様があるようなないような、そもそも小説の神様って何? という感じだそうだ。