読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重厚長大からライトノベルへ

主にライトノベルの感想とそれに関連するネタを書きます。

感想「ランボー怒りの改心」(前野ひろみち/星海社FICTIONS)☆☆☆☆

☆4 感想 星海社FICTIONS

作者が突然現れた謎の新人。4編からなる短編集。
中学生男子3人組とミステリアスな少女佐伯さんの話『佐伯さんと男子たち1993』、ベトナム戦争を続けようとする蘇我氏にある男が鉄槌を下す『ランボー怒りの改心』。これぞ奈良版の千一夜物語『ナラビアン・ナイト』、作家を目指す浪人生の元に舞い降りた生駒山の天使佐伯さんとの追想記『満月と近鉄』、(この謎の作家と出会った経緯を記した『解説:仁木英之』)の4編(+1)収録




 発売当初、「夜は短いのか?」、夜の短い人の奈良版といわれた。確かに文章で似ている点はあるが、この作品は無名の作家が書いている。だがしかし、中身は素晴らしく、特に「満月と近鉄」はがよい。でももっとも読んでていいと思ったのは、「満月の近鉄」とそのあとにある「解説」のコンボか? 解説では作者の出所が書かれているが(正確には謎の多き作者ということが分かる)がそこまで読んだときの驚きと興奮がたまらない。ここまで読むとここまで笑いがこみ上げてくる(おもしろいのではなく、興奮で)。こんな作品はなかなかない。ぜひ読んでほしい。